学術変革領域研究(A)「高密度共役の科学」発足 & 第1回公開シンポジウムのご案内

この度,科学研究費補助金・学術変革領域研究(A)「高密度共役の科学:電子共役概念の変革と電子物性をつなぐ」が発足しました。
2021年1月23日(土)に 第1回公開シンポジウムがオンラインで開催されます。本領域の設立趣旨,目標と今後の活動予定に関する紹介,公募研究への期待についての説明が行われますので,奮ってご参加ください。(※事前参加申込が必要です。)
*関連リンク: ポスター (PDF) | 参加申し込みフォーム
x-con-icon

次年度4年生の皆様へ

COVID-19の情勢を鑑み、本年度の研究室紹介はzoomを用いてオンラインで開催します。当日は、最初に忍久保より研究に関する紹介を行った後に、研究室所属学生との交流を行っていただく予定です。3回とも同様の内容です。都合が合わない方や実際に研究室を訪問されたい方は個別に福井(fukui[at]chembio.nagoya-u.ac.jp)にお問い合わせください。過去に作成した研究室紹介動画はこちらよりご確認いただけます。

第1回:2/4(木)16:00から

第2回:2/9(火)16:00から

第3回:2/18(木)16:00から

当研究室への参加をお考えの方へ

修士課程・博士課程から当研究室へ参加されたい方に研究室紹介をオンラインで行います。希望者はスタッフまでご連絡ください。

研究室紹介動画(youtube)

NEWS

2021/1/9

赤堀さんのテトラアザテトラチア[8]サーキュレンの合成と物性に関する論文がChem. Eur. Jに掲載されました。

2021/1/8

鵜飼さんと瀧口さんと八木さんとLiuさんが卓越大学院GTRプログラム2020年度成果報告会に参加しました。同会において鵜飼さんと瀧口さんとLiuさんが優秀ポスター賞を受賞しました!さらに鵜飼さんはGTR Research Awardも受賞しました!

2020/12/24

三宅准教授のサーキュレンに関するFeature ArticleがChem Commun誌のFront coverに採用されました。

2020/12/23

仲里さんのジアザピレンホウ素錯体の合成と物性に関する論文がChem. Commun.に掲載されました。

2020/12/11

三宅准教授のサーキュレンに関するFeature ArticleがChem Commun誌に掲載されました。

2020/12/3

櫻井さんと田島さんが第47回有機典型元素化学討論会に参加しました。

2020/11/20

埴田さんと櫻井さんが基礎有機化学会 若手オンラインシンポジウム2020に参加しました。同会において櫻井さんが優秀講演賞を受賞しました!

2020/10/25

瀧口さんの5-オキサポルフィリニウムカチオンの合成と物性に関する論文がAngew. Chem. Int. Ed.に掲載されました。

2020/10/19

テクノ・フェア名大2020で当研究室の最近の成果についてショートプレゼン動画を公開しました。動画はyoutubeで視聴可能です。

»もっと見る

Access & Contact

〒464-8603
愛知県名古屋市千種区不老町
工学研究科 1号館 8階
TEL
052-789-5113(教授)
052-789-4566(准教授)
052-789-4584(助教)
052-789-5113(秘書)
FAX
052-789-5113

公式Twitter

x-con-icon