本文へスキップ


教員 STAFF (論文賞を含む) 


令和3年10月

本多裕之 教授/第30回生物工学技術賞/日本生物工学会
「ペプチドアレイ」を基盤とする低抗原性生理活性ペプチドの製造に関する研究
栗本 昌樹1、久保 智里1、越智 浩1、本多 裕之2、大河内 美奈3
1森永乳業、2名古屋大学、3東京工業大学

令和3年10月

清水一憲 准教授/第5回バイオインダストリー奨励賞/一般財団法人バイオインダストリー協会
「疾患・創薬研究に資する生体を模倣した新たな神経筋共培養モデルの創製」


令和2年9月

清水一憲 准教授/第43回生物工学奨励賞(照井賞)/日本生物工学会
「微細加工デバイスを用いた培養骨格筋細胞の機能発現と評価に関する研究」


令和2年9月

第28回 日本生物工学会 論文賞
Pep-MS assay: Protease hydrolysis assay system using photo-cleavable peptide array and mass spectrometer
Vol.128, 156-161, 2019
Kurimoto, M., Shimizu, K., Ochi, H., Abe, F., Honda, H.


令和1年11月

清水一憲 准教授/優秀研究賞/化学とマイクロ・ナノシステム学会第40回研究会
「インビトロ神経支配筋組織構築のためのマイクロデバイス」

平成31年4月

清水一憲 准教授/若手科学者賞/平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰
「マイクロデバイスを用いた生体機能発現に関する研究」

平成30年9月

第26回 日本生物工学会 論文賞
Morphology-based non-invasive quantitative prediction of the differentiation status of neural stem cells
Vol.124, 351-358, 2017
Fujitani, M., Huddin, N.S., Kawai, S., Kanie, K., Kiyota, Y., Shimizu, K., Honda, H., Kato, R.

平成28年9月

本多裕之 教授/第10回生物工学功績賞/日本生物工学会
「短鎖ペプチドの新機能発現に関する研究」

平成28年5月

清水一憲 准教授/第51回東海化学工業会賞/東海化学工業会
「医薬品開発への応用を目指した骨格筋細胞の培養・評価技術の開発」

平成27年10月

清水一憲 准教授/2015年度化学・生物素材研究開発奨励賞/バイオインダストリー協会
「マイクロスケール技術を利用した培養骨格筋細胞の機能制御・評価法の開発」

平成26年5月

化学工学論文集 優秀論文賞 2013年度
全網羅ミルクペプチドアレイを用いたアレル ギー診断ペプチド探索への分布関数解析法の応用
39巻1号, pp.40-45
中杤 昌弘, 片山 真, 加藤 竜司, 大河内 美奈, 高瀬 智和, 吉田 安子, 川瀬三雄, 本多裕之

平成25年3月

本多裕之 教授/化学工学会研究賞
「ペプチドアレイを用いた短鎖機能性ペプチドの探索と機能解明に関する研究」

平成24年10月

大河内美奈 准教授/生物工学奨励賞(斎藤賞)/日本生物工学会

平成22年12月

加藤竜司 助教/名古屋大学工学研究科材料バックキャストテクノロジー研究センター若手研究奨励賞

平成22年3月

Outstanding Paper Award of 2009/Journal of Chemical Engineering of Japan
Preparation of L929 Cell Array by Magnetic Pin Holder Device for Single Cell Function Analysis
Vol. 42, No. 4, pp. 290-297
Hironobu Koide, Yayoi Isaji, Mina Okochi and Hiroyuki Honda

平成20年11月

加藤竜司 助教/Best Presentation Award/APBioChEC'09

平成20年9月

化学工学会論文集(Vol.72 No.9)の表紙に論文中の図が採用されました
(ペプチドアレイによるペプチドの機能計測評価と探索への応用

平成20年8月
 
第16回 日本生物工学会 論文賞
Effective cell-seeding technique using magnetite nanoparticles and magnetic force onto decellularized blood vessels for vascular tissue engineering
Vol.103, 472-478, 2007
Kazunori Shimizu, Akira Ito, Manabu Arinobe, Yosuke Murase, Yoshihisa Iwata, Yuji Narita, Hideaki Kagami, Minoru Ueda, Hiroyuki Honda

平成20年5月
 
大河内美奈/第43回東海化学工業会賞
TRAILを模倣した低分子ペプチドの探索

平成20年3月
 
Outstanding Paper Award of 2007/Journal of Chemical Engineering of Japan
Incorporation of Capillary-Like Structures into Dermal Cell Sheets Constructed by Magnetic Force-Based Tissue Engineering
Vol. 40, 51-58, 2007
Kosuke Ino, Akira Ito, Hirohito Kumazawa, Hideaki Kagami, Minoru Ueda, Hiroyuki Honda

平成16年9月
 
第12回 日本生物工学会 論文賞
Complete regression of mouse mammary carcinoma with a size greater than 15 mm by frequent repeated hyperthermia using magnetite nanoparticles
Vol.96, 364-369, 2003
Akira Ito, Kouji Tanaka, Hiroyuki Honda, Shigeru Abe, Hideyo Yamaguchi, Takeshi Kobayashi

平成14年3月
 
Outstanding Paper Award of 2001/Journal of Chemical Engineering of Japan
Preparation of Tumor-Specific Magnetoliposomes and Their Application for Hyperthermia
Vol.34, No.1,pp.66-72
Biao Le, Masashige Shinkai, Tamotsu Kitade, Hiroyuki Honda, Jun Yoshida, Toshihiko Wakabayashi and Takeshi Kobayashi

平成10年9月

本多裕之/日本生物工学会照井賞
知的推論モデルによる品質の定量化と培養プロセスの管理

平成9年5月

本多裕之/第32回 東海化学工業会学術賞
感性情報処理によるバイオプロセスの制御および品質設計に関する研究

平成8年10月
 第4回日本生物工学会 論文賞
Effective lactic acid production by two-stage extractive fermentation
Vol.79, 589-593, 1995
Hiroyuki Honda, Yoshio Toyama, Hiroshi Takahashi, Takuo Nakazeko, Takeshi Kobayashi

平成6年3月 

本多裕之/平成5年度化学工学会賞 奨励賞
ホルモン濃度制御可能な新規植物細胞培養方法に関する研究

これらを含めて最近18年間で、
化学工学会学会賞1件、化学工学会研究賞2件、化学工学会奨励賞2件、
日本生物工学会学会賞1件、日本生物工学会照井賞5件・斎藤賞1件、日本生物工学会論文賞3件、
有馬啓記念バイオインダストリー協会賞1件、東海化学工業会賞2件、日本農芸化学会奨励賞1件
などを受賞しています。

学生受賞 STUDENTS’ AWARDS

令和3年10月

竹内友里(M1)
/最優秀学生発表賞(修士の部)/第73回日本生物工学会大会(主催:次世代アニマルセルインダストリー研究部会)


令和2年11月

木下怜実(M1)/優秀発表賞/生物工学若手研究者の集い 第三回オンラインセミナー

令和2年10月

今井健人(D3)/博士学術賞/名大鏡友会


令和元年9月

葛西晴郎(M1)/優秀ポスター賞/第9回生物工学系合同セミナー2019(学内)
村田朱里(M1)/優秀ポスター賞/第9回生物工学系合同セミナー2019(学内)


令和元年9月

長島拓則(D2)/優秀学生発表賞/第71回日本生物工学会大会(主催:次世代アニマルセルインダストリー研究部会)

古谷太樹(M2)/優秀学生発表賞/第71回日本生物工学会大会(主催:次世代アニマルセルインダストリー研究部会)

令和元年8月

長島 拓則(D2)/ベストプレゼン賞/第9回企業と博士人材の交流会(主催:名古屋大学 博士課程教育推進機構 キャリア教育室)


平成30年11月

山下 春来(M2)/優秀ポスター賞/第8回生物工学系研究室合同セミナー(学内)


平成30年9月

大隅 早紀(M1)/優秀学生発表賞/第70回日本生物工学会大会(主催:次世代アニマルセルインダストリー研究部会)


平成30年3月

長島 拓則(M2)/学生奨励賞/化学工学会第83年会(2018)


平成29年12月

今井 健人(M2)/優秀ポスター賞/2017年名古屋大学生物工学系合同セミナーポスター発表大会

平成29年10月

松本 恵(D3)/Industrial Future Leader Award(Program for Leading Graduate Schools Forum 2017)

平成29年9月

山岡 奈央(M1)/優秀学生発表賞/第69回日本生物工学会大会(主催:セルプロセッシング計測評価研究部会)


平成29年9月

長島 拓則(M2)/優秀学生発表賞/第69回日本生物工学会大会(主催:セルプロセッシング計測評価研究部会)


平成29年9月

小崎 一功(D1)/第6回生物工学学生優秀賞(飛翔賞)/日本生物工学会

平成29年1月

新井 小百合(D3)/Annual Research Award/名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム


平成28年9月

長島 拓則(M1)/優秀学生発表賞/第68回日本生物工学会大会(主催:セルプロセッシング計測評価研究部会)

平成28年7月

小崎 一功(M2)/優秀ポスター賞/2016年度 生物工学会若手研究者の集い夏のセミナー

平成28年5月

費 佳慧(M2)/優秀賞/物質制御工学総合プロジェクト(第二十回中間発表会)

平成27年9月

新井 小百合(D2)/支部長賞/日本生物工学会中部支部


平成27年6月

新井 小百合(D2)/Integrative Biology Poster Award (Royal Society of Chemistry)/ISMM2015 (7th International Symposium on Microchemistry and Microsystems)

平成27年1月

山本 修平(D2)/Poster Award/名古屋大学 博士課程教育リーディングプログラム IGER Annual meeting 2014

平成26年9月

佐々木 寛人(D3)/優秀ポスター賞/平成26年度化学工学会バイオ部会

平成26年8月

佐々木 寛人(D3)/支部長賞/日本生物工学会中部支部

平成26年7月


佐々木 寛人(D3)/学術奨励賞/名古屋大学



(以前の受賞)

2014年1月8日
名古屋大学IGER Annual Meeting 2013 ポスター賞 D2 佐々木 寛人 

2013年9月
優秀ポスター賞 第44回秋季大会 化学工学会バイオ部会 D1 山本修平
            
2012年7月7日 第58回日本薬学会東海支部大会 
大学院生フォーラム 発表賞  D1 佐々木 寛人

2012年10月23日 日本生物工学会 
優秀学生発表賞(セルプロセッシング計測評価研究部会) 松本恵(M2)

飛翔賞(生物工学学生優秀賞)佐々木寛人(D1) 

2012年7月1日 日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会主催
若手シンポジウム Young Researcher's Award(研究奨励賞) D1 佐々木 寛人

2011年9月27日 第63回生物工学会大会 学生発表賞 M2 大脇 潤己

2011年9月14日 化学工学会第43回秋季大会 優秀ポスター賞 M2 佐々木 寛人  

2011年7月16日 日本生物工学会若手会 (2011年度 生物工学会若手研究者の集い夏のセミナー)
優秀発表賞 杉田智哉(D1)

優秀発表賞 佐々木寛人(M2)

2010年9月 名古屋大学工学研究科材料バックキャストテクノロジ−研究センタ−若手研究奨励賞
若手研究奨励賞 蟹江慧(D3)

若手研究奨励賞 大脇潤己(M1)

若手研究奨励賞 佐々木寛人(M1)

2010年9月 日本化学工学会第42回秋期大会

バイオ部会優秀ポスター賞 大脇潤己(M1)
バイオ部会優秀ポスター賞 佐々木寛人(M1)

2009年11月 名古屋大学工学研究科材料バックキャストテクノロジ−研究センタ−若手研究奨励賞
若手研究奨励賞 蟹江慧(D2)

2009年11月 名古屋大学工学研究科材料バックキャストテクノロジ−研究センタ−若手研究奨励賞
若手研究奨励賞 趙瑛梓(研究生)

2009年7月 社団法人日本化学工学会バイオ部会学生ポスタ−発表大会
バイオ部会優秀ポスタ-賞 蟹江慧(D2)
「医療機器被覆のための機能性ペプチドの探索」

2009年7月 生物工学会若手研究者の集い 博士課程 優秀賞(ポスター) 蟹江慧(D2)

2009年5月 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金変換免除認定
H19年度卒業生 高野翔(M2)

2009年3月 化学工学会 東海支部 研究奨励賞 (生物機能工学専攻 主席) 高野翔(M2)

2007年1月 Nature COE 若手研究奨励賞 伊野浩介(D1)

2006年11月 Best Ph. D. Student Oral Presentation Award,the 12th Symposium of Young Asia
  Biochemical Engineers' Community 伊野浩介(D1)
  A Novel Methodology of Cell Micropatterning Using Functional Magnetite Nanoparticles and Magnetic Force

2006年9月 (社)日本生物工学会 優秀学生発表賞 川澄珠世(M1)
  磁性微粒子を用いた遺伝子導入皮膚シートの構築

2006年1月 Nature COE 若手研究奨励賞 伊野浩介(M2)

2005年9月 (社)化学工学会バイオ部会優秀ポスター賞 伊野浩介(M2)
  磁性ナノ粒子を用いた血管を含む三次元組織の構築

2003年9月 (社)化学工学会バイオ部会優秀ポスター賞 日比野恵里(M1)
  機能性磁性微粒子を用いた間葉系幹細胞の新規培養法

2000年12月 日本育英会 Challenge21 Cクラス 佳作 冨田秀太(D2)
  快適な水辺環境の創造と水質改善

2000年6月 日刊工業新聞社先端技術学生論文産経新聞社賞 鈴木雅貴(D2)
  細胞を利用した医用マイクロマシンの開発  ―診断と治療の統合をめざして―

学生研究助成金 STUDENTS' GRANTS

2020年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 今井 健人 (D3)

2019年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 長島 拓則(D2)

2019年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 小ア 一功(D3)

2019年3月 トビタテ!留学JAPAN10期未来テクノロジー人材コース 今井 健人(D2)

2013年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 杉田 智哉

2013年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 佐々木 寛人

2013年4月 公益財団法人 堀科学芸術振興財団 研究助成 佐々木寛人(D2)
助成分野:情報科学・工学と医療、介護、福祉及び創薬
「創薬における幹細胞培養効率化のための細胞画像を用いた非破壊評価手法の開発」

2010年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 蟹江慧

2009年4月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 蟹江慧(D2)
  細胞外マトリックスをターゲットとした情報処理解析手法及び再生医療を目指したペプチド医療材料の開発

2008年4月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 中杤昌弘(D2)
  グラフィカル情報解析手法CC-GAMを用いた有用な生物情報の抽出

2007年4月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 加賀千晶(D2)
  情報処理手法を用いた総合的機能性ペプチドデザイン手法の確立

2007年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 加賀千晶

2007年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 冨田康之

2006年6月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 冨田康之(D2)
  統計的解析手法を用いた、離散的生産情報からの多因子疾患発症に関連する複合リスク因子の探索

2006年4月 日本学術振興会特別研究員 DC1 伊野浩介

2006年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2 清水一憲

2005年6月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 高橋広夫(D2)
  射影適応共鳴理論とブースティングを組み合わせた疾患関連遺伝子探索法の開発

2004年4月 日本学術振興会特別研究員  田中功二

2003年4月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 加藤竜司(D3)
  知識情報処理とペプチドチップの融合システムを用いた新規活性ペプチドの探索

2002年4月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 冨田秀太(D3)
  ファジィ適応共鳴理論(ファジィART)を用いたDNAチップからの遺伝子発現情報解析

2002年4月 日本学術振興会特別研究員  冨田秀太

2000年4月 (財)堀情報科学振興財団研究助成 劉 喜橙(M2)
  脳波を用いたコンピューターインターフェースに関する研究

2000年4月 日本学術振興会特別研究員  井藤 彰
このページの先頭へ

Copyright (c) HONDA LAB All right reserved.

バナースペース

名古屋大学 大学院工学研究科
生命分子工学専攻
生命システム工学講座
生物化学工学研究グループ
(本多研)
(旧組織・生物機能工学専攻)

〒464-8603
愛知県名古屋市千種区不老町
名古屋大学工学部1号館621