お知らせ

2021年03月18日
<ChemRxiv>にPreprintが公開されました。ぜひご覧ください!
2021年01月26日
近藤君(M1)が、合同ゼミ「第8回 将来を見据えた生体分子の構造・機能解析から分子設計」にて優秀発表賞を受賞しました。おめでとうございます!
2020年01月18日
化学生命工学科3年生を対象とした堀研研究室見学を実施いたします!見学希望の方は、2/5までにフォームへご記入ください!
2020年11月21日
笹原君(M2)が、生物工学若手研究者の集い 第三回オンラインセミナーにて優秀発表賞を受賞しました。おめでとうございます!
2020年11月12日
堀克敏教授による「ASF(あいちサイエンスフェスティバル)サイエンストーク」WEB講演がYouTubeにアップロードされました!ぜひご覧ください!
2020年11月01日
堀克敏教授による新規開発マスクの一般販売が開始されました!購入先情報はこちらをご確認ください!Amazonから購入  ヤマダモールから購入
2020年10月27日
10月27日(火)19-20時に堀克敏教授が(ASF)あいちサイエンスフェスティバルにてサイエンストーク(WEB講演)を行います。参加費は無料でこちらから申し込みいただけます!
2020年09月25日
野場君(D1)が、日本学術振興会特別研究員(DC2)に採択されました。おめでとうございます!
2020年09月17日
<ChemRxiv>にて公開中のPreprintが更新されました。ぜひご覧ください!
2020年09月09日
野場君(D1)が、生物工学学生優秀賞(飛翔賞)を受賞し表彰状が授与されました。こちらをご覧ください!
2020年08月12日
堀克敏教授による新規開発マスクに関する記事が全国的に報道されました!こちらをご覧ください。
2020年07月06日
<ChemRxiv>にて公開中のPreprintが更新されました。ぜひご覧ください!
2020年06月16日
<ChemRxiv>にPreprintが公開されました。ぜひご覧ください!
2020年06月03日
野場君(D1)が、 生物工学学生優秀賞(飛翔賞)を受賞しました。
2020年06月01日
堀研究室紹介動画第二弾がYouTubeにアップロードされました。
2020年05月12日
堀克敏教授、三井化学、堀教授の名大発ベンチャー(株)フレンドマイクローブによる新規マスクの研究開発に関する記事が、共同通信社中日新聞Yahooニュースなどマスコミ各社で全国的に報道されました。
2020年03月27日
卓越大学院GTRプログラムにて、2019年度GTR Research Award を受賞した野場君 (M2) のインタビューが公開されました。
2020年03月02日
堀研究室紹介動画がYouTubeにアップロードされました。
2020年02月05日
当研究室の成果が論文としてEnvironmental Science & Technologyに掲載されました。
“Process Description of an Unconventional Biofilm Formation by Bacterial Cells Autoagglutinating through Sticky, Long, and Peritrichate Nanofibers”
2020年01月23日
当研究室の成果が論文としてGreen Chemistryに掲載されました。
“Gas-phase bioproduction of a high-value-added monoterpenoid (E)-geranic acid by metabolically engineered Acinetobacter sp. Tol 5”
2019年12月27日
当研究室の成果が Journal of Bioscience and BioengineeringのVolume 129 Issue 1のCover pictureに採用されました。
2019年11月29日
研究成果についてプレスリリースされました。
「毛むくじゃらの人工細胞を創ることに成功! 〜人工細胞触媒への応用に期待〜
2019年11月22日
Ewha Womans Universityで開催されたYABEC2019で当研究室の学生が発表を行いました。
2019年11月08日
Journal of the American Chemical Societyに論文が掲載されました。
"Bottom-up creation of an artificial cell covered with the adhesive bacterionanofiber protein AtaA"
2019年10月23日
Jounal of Bioscience and Bioengineeringに論文が掲載されました。
"Native display of a huge homotrimeric protein fiber on the cell surface after precise domain deletion"
2019年10月23日
ChemRxivにPre-printが公開されました。
"Process Description of an Unconventional Biofilm Formation by Bacterial Cells Autoagglutinating Through Sticky, Long, and Peritrichate Nanofibers"
2019年10月07日
ChemRxivにPre-printが公開されました。
(1) "Gas-Phase Bioproduction of a High-Value-Added Monoterpenoid (E)-Geranic Acid by Metabolically Engineered Acinetobacter sp. Tol 5"
(2) "Extracellular Electron Transfer Mediated by a Cytocompatible Redox Polymer Lengthens the Circadian Period of Mammalian Cells"
2019年10月04日
宇佐見君 (D3) が名大鏡友会博士学術賞を受賞しました!
2019年09月26日
川尻さん (M2) が APCChE2019 で Excellent Poster Awardを受賞しました!
2019年08月27日
ChemRxivにPre-printが公開されました!
"Bottom-up Creation of an Artificial Cell Covered with the Adhesive Bacterionanofiber Protein AtaA"
2019年08月06日
野場君 (M2) が2019年度 日本生物工学会中部支部例会で中部支部長賞を受賞しました!
2019年06月14日
Journal of Bioscience and Bioengineeringに論文が掲載されました。
Control of AtaA-mediated bacterial immobilization by casein hydrolysates"
2019年04月08日
宇佐見享嗣君 (D3) が 8th Congress of European Microbiologists, FEMS 2019にて FEMS CONGRESS ATTENDANCE GRANT に選出され、インタビュー記事が掲載されました!
2019年03月14日
石井慧君 (D2) が化学工学会第84年会で最優秀学生賞を受賞しました!
2018年11月26日
2018年名古屋大学生物工学系合同セミナーで宇佐見享嗣君 (D2) が最優秀発表賞を、小原優季君 (D2) が優秀ポスター賞を受賞しました!
2018年11月20日
蟹江純一君 (D3) が日本生物工学会中部支部例会で中部支部長賞を受賞しました!
2018年09月19日
小原優季君 (D2) が化学工学会第50回秋季大会でバイオ部会優秀ポスター賞を受賞しました!
2018年01月10日
青木壮太君 (D1) がIGER2017年度年次報告会でポスター賞を受賞しました!
2017年12月11日
塚本裕也君 (B4) が2017年名古屋大学生物工学系合同セミナーでポスター賞を受賞しました!
2017年12月01日
広重竜太君 (M2) がIGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 2017でポスター賞を受賞しました!
2017年11月02日
2017年11月30日~12月01日に名古屋大学グリーン自然科学国際教育研究プログラム主催の国際シンポジウム IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions 2017を、当研究室と理学研究科本間研究室がオーガナイザーとして行います。
参加申し込み、その他詳細については こちらをご覧ください。
2017年10月16日
宇佐見君 (D1) が平成30年度日本学術振興会特別研究員 (DC2) に内定しました!
2017年10月11日
このたび、当研究室では任期付正職員(特任助教もしくは研究員)を1名募集します。
詳しくはこちらをご参照下さい。
応募期限:平成29年11月30日(木)
2017年6月13日
堀教授による名古屋大学発ベンチャー(株)フレンドマイクローブが本日付で起業されました!
名古屋大学および科学技術振興機構 (JST) でプレスリリースされています。
2017年04月26日
現在、事務補佐員、技術補佐員(契約職員およびパートタイム勤務職員)を各1名ずつ募集しています。
興味のある方は人材募集をご覧ください。
2017年03月27日
北原知恵さん (M2) が日本化学会東海支部長賞を受賞しました!
2017年01月26日
日本経済新聞(朝刊 中部面・電子版)に記事が掲載されました!
「工場排水処理で名大ベンチャー 微生物で油分迅速分解」(朝刊 中部面)
「微生物で排水処理」名古屋大がベンチャー設立へ(電子版)
2017年01月24日
大学発ベンチャーについてプレスリリースされました。
「微生物フローラをコントロールするための理論を構築!理論をノウハウに大学発ベンチャーを年度内に立ち上げへ」
2017年01月16日
堀教授、中谷講師が寄稿した原稿が名古屋大学の広報誌「名大トピックス」No.284内に掲載されました!
「細菌の付着を操る」
2016年06月17日
中日新聞(朝刊)に記事が掲載されました!
「微生物細胞の毛 無傷で刈れる」
2016年06月16日
研究成果についてプレスリリースされました。
「微生物の毛を刈る方法を考案 微生物細胞から生える毛を酵素で切れるように遺伝子上で細工:酵素で刈り取った接着蛋白質の毛を解析し、酸中でもアルカリ中でも壊れないことが判明」
2016年05月13日
石川聖人助教が日本化学会第96春季年会にて優秀講演賞(学術)を受賞しました!
2016年03月25日
科学技術振興機構 (JST) のサイト、「サイエンスポータル」のコンテンツ「サイエンスクリップ」に堀研究室の研究成果を紹介する記事が掲載されました!
「くっつく微生物」の構造が見えてきた!
2016年02月22日
研究成果について、プレスリリースされました!
接着タンパク質の強靭な構造を解明 - 驚異的な微生物細胞の接着を媒介する巨大ナノファイバー蛋白質の立体構造の一部を解明:柔軟かつ強靭なファイバー構造が微生物の付着に寄与 -
http://www.jbc.org/content/291/8/3705.full
2016年02月19日
本日発行のThe Journal of Biological Chemistryに表紙デザインが採用されました!
2015年09月02日
日刊工業新聞に記事が掲載されました。
『油分解の微生物製剤 性能実証デモ機完成』
2015年08月29日
朝日新聞 朝刊に記事が掲載されました。
『強力に エコに 排水の油分解』
2015年08月25日
実証試験デモ機についてプレスリリースされました。
「排水から油が消滅!驚異的な油分解能力を示す共生微生物製剤を開発し、その効果を現場で実証・可視化するデモ機を製作」
2015年05月01日
吉本将悟 (D2) さんの講演が<日本化学会 第95春季年会 学生講演賞>を受賞しました!
2015年03月25日
松井恵理子 (B4) さんの卒業論文が、<生物化学会 東海支部長賞>を受賞しました!
2014年12月02日
合同ゼミ「将来を見据えた生体分子の構造・機能解析から分子設計に関する研究会」が開催されました。優秀なポスター発表を行った学生にはポスター賞が授与され、本研究室でもD1の吉本将悟君が見事に選出されました。
2014年11月17日
毎年恒例の7研究室での合同ゼミが開催されました。
2014年10月25日
郡上八幡にゼミ旅行に行きました!Photoに写真を挙げたので、ぜひご覧ください。
2013年11月15日
堀教授監修・執筆の専門書『低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命』がコロナ社より出版されました。
2013年11月15日
化学工学会進歩講習会「低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命」が堀教授のオーガナイズにより開催されました。約100名の参加者を集め、大変盛況な講習会となりました。
2013年10月07日
国際学術ジャーナルBiotechnol.Bioengに掲載された堀研の石川研究員、重盛君(修了生)、堀教授の論文が、同ジャーナルでスポットライトされました。
2013年09月12日
IGER国際シンポジウム「IGER International Symposium on Cell Surface Structures and Functions」が9月1から3日 名古屋大学ES館にて行われました。シンポジウムでは、様々な生物界面に関する最新の研究について、世界トップレベルの研究者を招き英語での講演が行われました。
上記シンポジウムのポスター発表で優秀だった学生にはポスター賞が授与され、受賞者の大学院生3人による英語でのプレゼンテーションが行われました。本研究室からは『Reversible Bacterial Immobilization Based on the Adhesive Property of a Novel Adhesin from Acinetobactor sp. Tol 5』というタイトルで発表した吉本将悟君が受賞しました。
2013年02月22日
堀研主催のリーディング大学院セミナー「Pathway engineering of microbial cell factories: production of hydrogen and isoprene as examples」が中国 清華大学のChong Zhang先生をお招きして開催されました。
2012年12月13日
堀研主催のリーディング大学院セミナー「Biodegradable plastics from palm oil: synthesis, recovery and applications」がマレーシアSains大学のK. Sudesh Kumar先生をお招きして開催されました。
2012年11月14日
堀研主催のリーディング大学院セミナー「Bioprocess Integration Inspired by Life Evolution and Organization」が中国の清華大学よりケイ新会先生をお招きして開催されました。
2011年04月
本講座(第三講座)に、堀克敏新教授が着任されました。堀研究室のスタートです。
2011年02月
堀教授の研究プロジェクトが内閣府総合科学技術会議より、最先端・次世代研究開発支援プログラムに選定されました。このプログラムは次世代の科学者のリーダーとも言える研究者が全国300人の若手研究者と女性研究者が内閣府により選ばれるもので、大きな研究資金が分配されます。