研究機器

no-img
GC-MS

マススペクトル付きのガスククロマトグラフィーです。サンプルを分離後、MSで解析することにより物質の同定など、GCより詳細な解析を行うことができます。

no-img
3Dプリンター

FDM方式の3Dプリンターです。分子模型や治具などを制作します。

no-img
水晶振動子マイクロバランス
(Quartz Crystal Microbalance; QCM)

分子同士の相互作用力を測定する装置です。タンパク質の分子レベルの解析には非常に有用なツールです。

no-img
蛍光フローサイトメトリー

細胞などの粒子を一定速度で流し、その粒子の蛍光強度を測定できます。表層タンパク質の発現確認などに用います。

no-img
原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscope; AFM)

カンチレバーと呼ばれる極小の針で試料をなぞり、試料と針の間に働く原子間力を検出し、画像化できる装置です。バクテリアの微細な像を捉えてくれるだけでなく、バクテリアの接着力なども測定できる極めて有用な顕微鏡です。

no-img
凍結切片作成装置

厚みあるの試料を顕微鏡で観察しやすいように、薄くスライスします。

no-img
タンパク質精製カラムクロマトグラフィー

クロマトグラフィーの組み合わせによって、タンパク質の分離精製を行います。

no-img
液体クロマトグラフィー

液体中に溶存する成分を分離定量する装置です。バクテリアの代謝産物である有機酸などを定量するために用いられています。

no-img
化学発光検出用冷却CCDカメラ

抗体を用いたタンパク質の検出や核酸の検出に用います。

no-img
大型バイオシェイカー

菌を大量に培養できる大型のシェイカーです。主にタンパク質精製用の大腸菌などを培養します。

no-img
PCR装置

遺伝子を増幅する装置です。遺伝子を取り扱うラボでは欠かせない装置です。

no-img
リアルタイムPCR

PCRによって、核酸の増幅を定量的に検出できる装置です。

no-img
CDスペクトル

試料に光を通した際の偏光度を測定する装置です。主に、タンパク質の二次構造を解析するために用いられます。

no-img
共焦点レーザー蛍光顕微鏡

厚みのあるバイオフィルムや、厚みのある微細試料を立体的に捉えて観察できます。

no-img
DLS測定システム

タンパク質やバクテリアなどの小さな粒子に対して、粒径やゼータ電位の測定が行える装置です。

no-img
吸光・蛍光・発光マイクロプレートリーダー

マイクロプレートを用いたアッセイなどで、吸光、蛍光、発光などを数値化してくれます。

no-img
ガスクロマトグラフィー

揮発性の化合物の分離定量をする装置です。

no-img
3次元培養システム

重力の影響を最小限に抑えて培養することが可能なシステムです。もともとは、動物細胞の培養に使用するものを転用しています。

no-img
フレンチプレス

圧力をかけ、大量の菌を一度に破砕できる装置です。大腸菌などを使用して大量のタンパク質を精製する際に非常に便利な装置です。

no-img
ファーメンター

3Lスケールのファーメンターです。堀研究室では、主に油分解菌の研究に用いられています。

no-img
次世代シーケンサー(NGS)

数千から数百万ものDNA分子を同時に配列決定できる強力なツールです。

no-img
魚類飼育水槽

ゼブラフィッシュなどの飼育に使用します。

no-img
クリーンベンチ

埃や環境微生物の混入を防ぎ、無菌操作するための装置です。

no-img
全有機体炭素計(TOC)

試料中の有機物を有機体炭素の総量(炭素量)として測定する分析機器です。