卒業生の主な進路

博士後期課程修了後の進路 (実績と例)

国立大学法人助教、日本学術振興会研究員(海外学振を含む)、科学技術振興機構(JST)さきがけ研究員、名古屋大学博士研究員、他大学博士研究員、海外(欧米)大学・研究所博士研究員、独立行政法人研究所(産業技術総合研究所、理化学研究所、海洋研究開発機構、物質・材料研究機構、国立環境研など)、高エネルギー加速器研究機構、大手企業研究所(三菱化学など)、明電舎、月島機械、 株式会社フレンドマイクローブ、ユーグレナ

博士前期課程修了後の進路 (実績:名古屋工業大学時代を含む)

名古屋大学大学院博士後期課程、豊田紡織、明電舎、和光純薬、ニデック、東ソー、小林製薬、長田電機工業、東海光学、サンスター、帝人、宝酒造、日本特殊陶業、明治乳業、松風、大塚製薬、興和、関西ペイント、東レ、富山化学、カバヤ食品、イビデン、スパイバー、タマノイ酢、日本マイクロバイオファーマ、村田製作所、日本化薬、パナソニック環境エンジニアリング、日油、JFEエンジニアリング、扶桑化学工業、テクノプロR&D社、MCフードスペシャリティーズ株式会社(現 三菱商事ライフサイエンスホールディングス)、キャタラー、NTTデータMSE、電源開発、フタムラ化学、フジクリーン工業、東洋紡、ミリオナ化粧品、住友電装、テルモ、月島機械、豊田通商